阪急電鉄の乗務員が使う「鉄道時計」を限定発売-100周年記念で

木製の専用スタンドとセットで販売される「阪急電鉄創立100周年記念鉄道時計」

木製の専用スタンドとセットで販売される「阪急電鉄創立100周年記念鉄道時計」

  • 0

  •  

 阪急電鉄(大阪市北区芝田)は12月22日より、セイコーウオッチ(東京都港区)とのコラボ商品「阪急電鉄創立100周年記念鉄道時計」を2007個限定で発売する。

 同商品は、阪急電鉄乗務員が常に携帯しているSEIKO製の鉄道時計と同じ時計を使用した懐中時計で、阪急創立100周年の記念商品として発売するもの。文字盤には「阪急電鉄株式会社 創立百周年記念」の文字と「SEIKO」のダブルネーム表示、裏ぶたには0001/2007~2007/2007のシリアルナンバーが入る。シリアルナンバーの指定は不可。

[広告]

 時計は木製の専用スタンドとセットでの販売。スタンドは、9000系のイラスト入り記念プレート付きで、「収納場所に困ることなく、インテリアアクセサリーにもいいのでは」(同社)という。

 価格は29,000円。販売場所は、阪急電鉄各サービスセンター、梅田駅インフォメーションギャラリー。通信販売の予定はない。

「阪急電鉄創立100周年記念鉄道時計」の裏ぶた(関連画像)阪急電鉄

  • はてなブックマークに追加