食べる

天満駅近くにしょうゆラーメン専門「金久右衛門」-5店舗目

JR天満駅近くにオープンしたしょうゆラーメン専門「金久右衛門 天満店」

JR天満駅近くにオープンしたしょうゆラーメン専門「金久右衛門 天満店」

  •  
  •  

 JR天満駅近くに11月3日、「醤油(しょうゆ)らーめん専門 金久右衛門(きんぐえもん) 天満店」(大阪市北区錦町、TEL 06-6881-7900)がオープンした。

店内の様子

 1999年、深江橋に本店を構えた同チェーン。2007年には雑誌「関西一週間」のしょうゆラーメン部門関西ナンバーワンに選ばれ、2009年、2010年は口コミグルメサイト「食べログ」で2年連続大阪ベストラーメンを受賞した。2010年夏に2号店となる「四天王寺店」(天王寺区)をオープンし、今年は梅田店(北区曽根崎)、靭本町店(西区)、天満店とオープンが続いている。

[広告]

 5店舗目となる天満店は、「ごちゃごちゃしない大人の空間」を目指した内装にカウンター13席、テーブル席8席を設ける。平日は周辺のサラリーマン、土曜日には家族連れやカップルが多く訪れるといい、12時~13時、20時~21時は列ができることも珍しくないという。

 鶏ガラ豚骨ベースで透明感のあるスープに平打ち太麺、細麺を選べるようにしたスタイルで、薄口しょうゆベースのあっさりした「金醤油ラーメン」、濃い口、薄口をブレンドした「紅醤油ラーメン」、濃い口しょうゆベースのしっかりした「黒醤油ラーメン」(各650円)を定番メニューとして提供。人気があるのは、「黒醤油」をベースにエビの風味を利かせた「大阪ブラック」(700円)、大阪ブラックに貝の風味を利かせ、しょうゆだれを混ぜながら食べる「なにわブラック」(750円)。「大阪ブラック」は今年10月、カップ麺として商品化され、全国のコンビニ、スーパーでも販売されている。

 トッピングは、煮卵(50円)、チャーシュー麺(250円アップ)、国産極上丸腸ホルモン(250円)などがあり、ラーメン以外には、ごはん(150円、ランチタイムはラーメンに追加100円)、豚丼(500円、同350円)、豚丼(小)(350円、同200円)、ギョーザ(250円、同200円)などを提供する。

 「天満店オリジナルラーメンを開発中で、年内には提供したい」と武田篤使店長。「天満店は他の店舗よりアクセスが良く、広くゆっくりしてもらえる。天満店を知ってもらい、皆さんに来ていただける店作りをしたい」と話す。

 営業時間は11時~14時30分、17時30分~22時。スープ売り切れの場合は時間内でも終了。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加