FPコードを使った初のスキャニング抽選会-NU chayamachi

1階の特設抽選会場。スキャナーにカードをかざすと、抽選結果がモニターに表示される。

1階の特設抽選会場。スキャナーにカードをかざすと、抽選結果がモニターに表示される。

  •  
  •  

 梅田のファッションビル「NU chayamachi」(大阪市北区茶屋町)は10月19日より、各店舗での利用者にアートポストカードをプレゼントするキャンペーン「ART-FULL PREMIUM」を実施している。

 アートポストカードは、イラストレーター集団「PICT」から同館のイメージに合う若手アーティスト12人を選び、オリジナルイラストにより制作したもの。期間中、同館内で起用されたアーティストのプロフィールと作品も展示している。

[広告]

 配布されたカードを1階の特設抽選会場に持ち込むと抽選会に参加できる。抽選会は、カードのプロフィール欄に埋め込まれたFPコード(FPcode=Fine Picture Code)を専用スキャナーにかざすことにより、PCを介し会場のモニターに抽選結果を表示させるもの。FPコードは、印刷物のデザインを損なわずに画像に情報コードを埋め込む技術で、ウェブへのアクセスを誘導する技術として富士通が開発した。ウェブを介さずローカルで活用するのは全国で初めての試みという。

 島全体がアートプロジェクトに取り組んでいる香川県・直島の「ベネッセハウス」スイートプラン2泊3日や、HOLGAトイカメラセットなど、アートにこだわった賞品を用意した。営業時間は、物販=11時~21時、飲食=11時~24時、TOWER RECORDS=11時~23時。キャンペーンは今月28日まで。

NU chayamachiPICT

  • はてなブックマークに追加