見る・遊ぶ

大丸梅田で「ももクロ」10周年記念展 玉井詩織さん「成長を感じる」

内覧会に登場した玉井さん

内覧会に登場した玉井さん

  •  

 「~サイリウムが照らす未来~ももいろクローバーZ結成10周年記念展」が8月8日、大丸梅田店(大阪市北区梅田3)15階大丸ミュージアムで始まった。

10周年記念アルバムの衣装を着て登場した玉井さん

 2008年にストリートライブから始まり、2012年には史上最年少での単独西武ドーム公演、2016年にはライブの年間動員数が女性アーティスト1位となる63.6万人を記録したガールズユニット「ももいろクローバーZ」。アクロバティックなダンスが特徴で、年齢を問わずファンが多い。同展は同グループとして最大の展覧会になる。今春の東京開催では、6日間で約3万人が訪れた。

[広告]

 同展では、衣装や写真、映像、直筆メッセージなど約350点を展示。メンバー一人一人のコーナーでは、お気に入り衣装ベスト3や私物、幼少期の写真を展示する。ライブステージの模型も展示し、ストリートライブから始まった同グループの軌跡を見られるようにする。サイリウムのトンネルを抜けて、東京ドーム10周年記念公園のライブ映像を楽しめるコーナーも用意。併設するグッズコーナーでは約40種のオリジナルグッズを販売。店内放送でもメンバーが登場し、関西弁を披露するという。

 8日に行われたメディア内覧会では、メンバーの玉井詩織さんが10周年ベストアルバムの衣装を着て登場。「関西にも応援してくれている人は多いので、10年の歴史を見せることができてうれしい」と喜んだ。10年前を振り返り、「メンバーになった13歳の頃は、一人じゃ何もできなかった。今は一人で行動できるようになったことに成長を感じる」とも。展示について「『ももクロ』をあまり知らない人も、好きになるきっかけになるのでは。隅から隅まで見てほしい」と呼び掛けた。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時まで)。入場料は大人=1,000円、高校生=700円、小中学生=500円、未就学児無料。今月21日まで。