見る・遊ぶ 学ぶ・知る

阪急電鉄、1000系・1300系を今秋から導入-静粛性・省エネ特長

新型車両1000系外観イメージ

新型車両1000系外観イメージ

  • 0

  •  

 阪急電鉄(大阪市北区)は6月6日、新型通勤車両として神戸・宝塚線に「1000系」、京都線に「1300系」を今秋から導入すると発表した。

1000系・1300系の車内イメージ

 「全てのお客さまに快適な移動空間~さらなる環境性能の向上」をコンセプトに掲げ、新造する新型車両。前形式車両の9000系、9300系車両の開発コンセプトを継承しつつ、静粛性や省エネルギー性能の向上を目指す。製造は日立製作所。新型車両は今秋より、現在走行中の2300系、3000系、3100系、5000系、5100系と順次入れ替えていくという。

[広告]

 熱損失を低減し、密封が可能となった全閉式高効率主電動機を採用し、前形式車両より客室内の騒音レベルを約40%低減。低騒音型の駆動装置、フラット防止機能付きブレーキシステムの採用でさらなる騒音低減を図る。

 消費電力は、全閉式高効率主電動機、最新のVVVFインバーター制御装置の採用、照明機器のLED化により、入れ替え予定の車両と比較し約50%、前形式車両との比較で約20%の削減を達成するという。

 車体は前形式車両同様、車体強度の向上、遮音性、断熱性に優れているというアルミダブルスキン構造を採用。急ブレーキ時の安全を考慮し、座席端部の仕切りを大型化し握り棒を設置する。各車両には車いすスペース、転落防止ほろ、扉開閉予告灯を設置。車内案内表示器には32インチハーフサイズの大型液晶ディスプレーを採用し視認性を高めるなど、バリアフリー設備の充実も図る。

 デザインは、マルーンとアイボリーの車体色、木目調の化粧版、ゴールデンオリーブのシートなど、阪急車両の特徴は継承しながらも、外観は前照灯を一体的に見せることで「すっきりとした印象を与えるデザイン」にするという。