食べる

大阪・中崎町に大型ビールパブ 併設醸造所の見学も

広さ約330平方メートルあるビールパブ

広さ約330平方メートルあるビールパブ

  •  
  •  

 ビールパブ「CRAFTMAN UMAMI(クラフトマン ウマミ)」(大阪市北区中崎西2、TEL 06-4256-6982)が4月25日、大阪・中崎町にオープンした。運営はフードリンクス(北区)。

フードメニューは50種類以上

 広さ約330平方メートルに上るビールパブ。入り口横には、500リットルのビールタンクを6本設けた「ビール醸造所」を併設する。麦・ホップの産地や種類の選定、発酵、貯酒、提供まで全て店内で行う。醸造所内の見学もできる。ターゲットには20~30歳女性を中心に据える。

[広告]

 ニューヨークのブルックリン地区をイメージした店内には、ソファ席やカウンター席など121席を用意。右奥には、目の前でビールを注ぐバーカウンターを設ける。ビールは、フルーティーな味わいが特徴の同店オリジナルビール「UPA(ウマミペールエール)」を目玉に、レモンの香りが特徴の「あわぢびーる島レモン」(以上486円~)やローストした麦芽の風味を楽しむ黒ビール「COEDO 漆黒」(同)など約20種をそろえる。「3種のビール飲み比べ」(1,404円)では、客の好みをスタッフがカウンセリングし、一人一人に合ったビールを選んで提供するという。

 フードは、低温真空調理の肉盛り合わせ「UMAMI焼き盛り合わせ」(2,570円)、ビール酵母を生地に練り込んだ自家製生地の石窯ピザ(1,058円~)、渡り蟹のトマトクリームパスタ(1,382円)など52種類を用意。ピザは店内の石窯を使い、480度で一気に焼き上げる。

 5月9日にランチ&カフェ営業も開始。ランチは「国産牛厚切りローストビーフランチ」(1,814円)や「3種の選べるパスタランチ」(1,490円)など5種類を用意し、全てのメニューに窯焼きピザ、焼きたてパン、週替わりサラダの食べ放題が付く。カフェでは、ドルチェやドリンクを中心に提供する。

 スタッフの山口能睦さんは「ここからビールの魅力を多くの人に伝えていきたい。国産ビールを多く置いているので、外国人観光客にも日本のビールを楽しんでもらえたら」と意気込む。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時、カフェ=15時~17時、ディナー=17時~23時。

  • はてなブックマークに追加