食べる

梅田・阪急ターミナルビルに鶏焼き肉・鍋食べ放題店「いちばん地鶏」 

鶏肉を使った様々な料理がそろう

鶏肉を使った様々な料理がそろう

  •  

 大阪・梅田の阪急ターミナルビル(大阪市北区芝田1)17階に9月18日、鶏肉を使った焼き肉と鍋が食べ放題の店「いちばん地鶏 阪急梅田店」がオープンする。運営はワン・ダイニング(西区)。

電子式の鉄板で「とり焼き」を楽しめる

 しゃぶしゃぶや焼き肉などの食べ放題業態を中心に展開する同社。「きんのぶた」「ワンカルビ」「あぶりや」などのブランドを全国に118店舗を展開している。同店は「とり焼き・とり鍋 食べ放題」の新ブランドで、3店舗目となる。

[広告]

 同店では、徳島県産の銘柄地鶏「阿波尾鶏」をメインに焼き物・鍋物・一品料理を提供。同鶏は、「80日以上かけて育てるため通常の3倍ほどの大きさになり、歯応えが良い」という。「とり焼き」は「もも」「むね」「皮」など17種類、「とり鍋」は水炊き、すき焼きなど4種、一品は「名物 阿波尾鶏手羽先の甘辛和え」「大和芋を使った手作り鶏餃子」「特製月見つくね」など鶏を使った料理を中心に71種を用意する。

 店舗面積は320.7平方メートルで、席数は160席。店内は、阿波尾鶏の産地・徳島にちなんで阿波の藍染めをイメージし、壁面やシートを藍色で和モダン風に仕上げた。窓の部分を大きく取っており、梅田近辺の夜景を望むことができる。

 寺田凱統店長は「『とり焼き』と『とり鍋』を食べ放題で2つ同時に楽しめるのは、他ではなかなかまねできないのでは。満足度の高い店になれたら」と意気込む。

 営業時間は17時~23時(土曜・日曜・祝日は16時~)。食べ放題は3,758円(50代=3,380円、60代=3,002円、70歳以上=2,624円、小学生=1,879円、4~6歳=518円、3歳以下無料)。飲み放題は1,350円(ソフトドリンクのみ421円)。