大阪工業大の梅田キャンパス21階に展望レストラン 来春オープン

店奥には最も広い「ホール」(60席)

店奥には最も広い「ホール」(60席)

  •  
  •  

 茶屋町の大阪工業大学梅田キャンパス(大阪市北区茶屋町)21階に来年4月1日、展望レストラン「リストランテ翔21」がオープンする。運営は常翔ウェルフェア(大阪市旭区)。

「ランウェイ」の窓際にはカウンター9席(イメージ)

 学生と教職員以外に一般利用もできるイタリアンレストランで、総席数は165席。メニューは、料理内容を選べる「プリフィックススタイル」のコース料理(4,320円~)が基本。ドリンクは、白・赤ワインを充実させ、スパークリングワインやビール、カクテルなども各種そろえる。

[広告]

 店内入り口から続く通路約15メートルは「ランウェイ」と称し、窓際にカウンター9席を並べる。店奥には最も広い「ホール」(60席)と、「談話室」(1=12席・テラス8席、2=10席・テラス8席)、カウンター5席、テラス席(北側=14席、南側=39席)を配置する。

 現在は学校関係者向けにプレオープン中。1階から直通エレベーターを利用できる。営業時間は17時30分~22時30分。12月30日~1月4日定休。

 新キャンパスは来年4月、「OIT梅田タワー」(地下2階地上22階建て、延べ床面積3万3853平方メートル)内に開校する。1階には11月にカキ専門店「ワーフ」が先行オープン。2階には日程未定ながらパンケーキで有名な「エッグスンシングス」が開店する。

  • はてなブックマークに追加