買う

グランフロント大阪に「紀伊國屋書店」-伊東屋とコラボ、カフェも

4月26日に開業を迎えるグランフロント大阪

4月26日に開業を迎えるグランフロント大阪

  •  

 紀伊國屋書店は、4月26日開業の「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」(大阪市北区大深町)南館6階に、「紀伊國屋書店 グランフロント大阪店」を出店する。

 阪急三番街(北区芝田)内の「梅田本店」を含め、梅田エリアに3店舗を展開する同店。店舗面積900坪の梅田本店を上回る1,060坪の「グランフロント大阪店」を新規出店する。「グランフロント大阪店出店後も、梅田本店は営業を継続する」(総務部広報の坂本英夫さん)という。

[広告]

 「本のある居心地の良い風景」をメーンテーマに、書籍を中心としながらもライフスタイルに寄り添った付加価値の提供を目指す同店。店内を3つのゾーンに分け、ゾーンごとに内装デザインを変更。「本のある風景の移り変わりを楽しみながら回遊していただき、本との新しい出会いを体験していただけるよう工夫した」という。商品は既存のレイアウトにとらわれず、「ジャンルミックス」「クロスオーバー」をキーワードに斬新な商品配置を提案する。

 商品は、雑誌のバックナンバーや趣味生活書、美術書、旅行書などを充実させ、医学看護書は、新宿本店5階で展開する「新宿医書センター」の実績を踏まえ、西日本最大級の品ぞろえを実現するという。児童書エリアには子ども向けのクッションベンチを設置し、読み聞かせなども開催する。

 店内には、文房具専門店の老舗「伊東屋」とコラボレーションした76.2坪の文房具売り場も開設。併設するカフェ(43.5坪)は発売前の書籍見本や電子書籍端末に触れられるスペースとし、トークイベントなども開催する予定。

 営業時間は10時~21時。