学ぶ・知る

大阪に「こども本の森 中之島」来春開館へ 安藤忠雄さんが寄贈

「こども本の森 中之島」のイメージ

「こども本の森 中之島」のイメージ

  • 9514

  •  

 建築家の安藤忠雄さんが大阪市に寄贈する文化施設「こども本の森 中之島」(大阪市北区中之島1)が来年3月1日に開館する。

「こども本の森 中之島」の外観イメージ

 子どもたちが本や芸術文化に触れる機会を提供する施設として、絵本や童話、児童文学、図鑑、自然科学書、芸術書などをそろえる。蔵書数は2万5000冊を予定。図書館ではなく文化施設に位置付けるため、本の貸し出しは行わず、調査相談も受けない。

[広告]

 名誉館長には、京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんが就任する。

 建物は、鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ床面積815平方メートル。敷地面積は1380平方メートル。設計は安藤忠雄さんが手掛けた。1階にはワークショップルーム(研修室)を設け、本を活用した芸術文化イベントの実施も予定している。

 開館時間は9時30分~17時。入場無料。月曜休館。

Stay at Home