食べる

梅田にハイネケンのビアガーデン ラグビー対戦相手国の料理も

9月16日から始まったハイネケンガーデン

9月16日から始まったハイネケンガーデン

  •  
  •  

 ハイネケンのビールやお酒が楽しめる「ハイネケンガーデン 大阪」(TEL 06-6485-3181)が9月16日、グランフロント大阪(大阪市北区大深町)1階のうめきた広場で始まった。

豚肉のバーベキュー仕立て

 ハイネケンは1863年、オランダで誕生したビール会社で、1873年から社名を冠したビール「ハイネケン」を販売。現在は192カ国で販売され、オランダでのシェアは7割を占めるという。会場には3台のモニターが用意され、来場者は観戦しながらお酒を楽しめる。席数は80席。立食形式も含め最大で134人が利用できる。

[広告]

 フードはラグビーボール型のバンズを使った「テリヤキスタイルバーガー」(900円)、サモアをイメージした「豚肉のバーベキュー仕立て」(1,200円)、スコットランドをイメージした「フィッシュ&チップス」(1,000円)など約15種類。ドリンクは「ハイネケン」(650円~)をはじめ、リンゴを使った「ストロングボウ ゴールドアップル」(650円)、「オレンジジュース」(400円)など約5種類を用意する。

 ハイネケン・キリン(東京都港区)の松崎浩樹営業部長は「今年はWRCのアジア初開催ということもあり、1月~8月の販売数量が前年比3割増と大変好調。大会期間中は全国、ひいてはラグビーの聖地である大阪を盛り上げていきたい」と意気込む。

 営業時間は16時~22時(土曜・日曜・祝日は12時~22時)。11月4日まで。

  • はてなブックマークに追加