天気予報

9

4

みん経トピックス

梅田エストが春の再編梅田で光を遮断した暗闇体験

梅田「阪急三番街」の北館飲食フロア改装、3月下旬開業へ

梅田「阪急三番街」の北館飲食フロア改装、3月下旬開業へ

北館と南館の一部が先行で改装オープンした(2017年4月)

写真を拡大 地図を拡大

 阪急梅田駅にある商業施設「阪急三番街」北館地下2階の飲食フロアが3月下旬にリニューアルオープンする。ラーメン店「四川辣麺」と海鮮丼専門店「堂島とろ家」が復活で再出店するほか、「メゾンカイザー」のカフェが入る。

 阪急梅田駅の地下2階~地上2階に広がる同施設。店舗面積は3万4300平方メートル。昨年8月31日に全15店が退去した飲食フロア(約2300平方メートル)において改装工事を進めてきた。

 改装前に営業していた「四川辣麺」(運営=ディバイスクリエーション)と「堂島とろ家」(同=ドリームダイニング)が再出店するほか、カフェ、みそカツ、おでん、ステーキ、うどん、串カツ、イタリアンなどの業態が出店する。

 メゾンカイザーの新業態カフェ「アンドコーヒー」(同=ブーランジェリーエリックカイザージャポン)は、2017年9月の東京・銀座店に次ぎ関西初出店。パンケーキカフェ「elk」姉妹店のポートランド風カフェ「BURN SIDE ST CAFE OSAKA」(同=サクラブルーコーポレーション)は、東京・原宿と大阪・樟葉に次ぐ3号店をオープンする。

 レストランでは、裏なんばや北新地にも展開しているイタリアンダイニング「ペスカ」(同=PESCA)がオープンする。旬の食材や有機野菜を使った本格イタリアンを提供する。

 ほかに、名古屋の「台湾まぜそば」を関西に広めた「麺やマルショウ」(同=R&B)や、さぬきうどん店「宮武讃岐うどん」(同=サンパーク)、「みそかつ矢場とん」(同=矢場とん)、ステーキ店「1ポンドのステーキハンバーグタケル」(同=クークーアンドコー)、「天丼・天串・串カツ いしのや」「鳥焼き・蕎麦・おでん 一重」(同=シナジー)、香港スイーツと石垣島チキンの店「果香×ツル商店」などが出店を予定している。

 阪急三番街は1969(昭和44)年11月に開業。2017年4月に北館1階・地下1階および南館一部をリニューアルした。店舗数は約250店。

 営業時間は10時~21時(飲食は23時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

阪急うめだ本店9階催場で2月21日、九州のグルメや工芸品を集めたイベント「春の九州物産大会」が始まった。「両棒餅(ぢゃんぼ餅)」は焼きたてを販売。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング