食べる

ルクア大阪に「アフタヌーンティー」新業態 西日本初出店

見た目がかわいらしいメニューを用意

見た目がかわいらしいメニューを用意

  •  

 ルクア大阪(大阪市北区梅田3)5階に11月21日、「アフタヌーンティー」の新業態「アフタヌーンティー・ラブアンドテーブル ルクア大阪」(TEL 06-6151-1237)がオープンした。運営はサザビーリーグ(東京都渋谷区)。

外観の様子

 1981(昭和56)年に「ヨーロッパのお茶会」をイメージしたリビング用品や、アパレル・雑貨など扱うブランドとして始まった「アフタヌーンティー」。同ブランドは「ティールーム」「ティースタンド」「ベーカリー」の3つの飲食業態を展開しており、「アフタヌーンティー・ラブアンドテーブル」は2017年3月に新宿に1号店をオープン。関東で5店舗展開しており、今回が西日本初出店となる。「Eat Pretty - 可愛くいこう!」をテーマに従来のブランドターゲットより若い20~30代女性に向け、「フォトジェニック(写真映え)」なメニューを展開する。

[広告]

 フードメニューはスイーツ、サラダ、パスタなど約30種。中でも、ライ麦粉とタピオカ粉を合わせた生地でもちもちした食感が特徴の「ライ麦のクレープ」(788円~)4種や、花束をイメージし、ソフトクリーム・タピオカ・ウエハースなどを華やかに盛り付けた「フラワリークレープパフェ」(1,058円)2種、シフォンケーキ「クリームクリームシフォン 抹茶メープル」(734円)など9種の同店限定メニューを用意。「お花畑」をイメージした、色鮮やかなハーブやミントを使ったミルクティー「フェアリーズティー」(734円)3種のほか紅茶、コーヒー、スムージー、アルコールなどドリンクメニューを約30種そろえる。

 店舗面積は約120平方メートルで、67席。内装は落ち着きのあるピンク色「ダスティピンク」を基調にかわいらしく仕上げた。窓側の座席からは大阪駅構内を望むことができる。同ブランドで初となるティースタンドも併設。「ソフトクリーム」(399円)や「タピオカミルク」(626円)などをテークアウトで購入することができる。

 同社広報の河田由美子さんは「お客さまから『大阪に出店してほしい』という要望が多かったため、やっとかなってうれしい。喜んでほしい思いで限定メニューを多く用意し、より多くの方が楽しめるようティースタンドも用意した。色いろなシーンで活用してもらえたら」と話す。

 営業時間は10時~21時。