食べる

中之島・リーガロイヤルホテルで「平成」テーマにスイーツビュッフェ

スイーツを考案したシェフパティシエの後尾浩司さん

スイーツを考案したシェフパティシエの後尾浩司さん

  •  

 リーガロイヤルホテル(大阪市北区中之島5、TEL 06-6448-1121)7階のレストラン「アネックス リモネ」で12月1日、イチゴスイーツビュッフェ「プレシャスバブリーベリー」が始まった。

かわいらしく飾り付けたビュッフェ台

 同ホテルで3回目となるイチゴスイーツビュッフェ。今回は「平成を振り返る」をテーマに、バブル期から近年にわたってブームとなった平成を象徴するスイーツが登場する。

[広告]

 スイーツは約20種を用意。パンナコッタの上にバブルを意識した泡のジュレをのせた「苺(いちご)のふわ泡ジュレ&パンナコッタ」、ナタデココやブラックタピオカなどを入れた「ミックスベリーのスープ仕立て」、「ティラミス」「カヌレ」「マカロン」など平成に流行したスイーツやアレンジを加えて平成を意識させるメニュー10種を用意する。同ホテルシェフパティシエの後尾浩司さんは「当時流行していたものを思い出しながら開発した」と話す。

 そのほか、「ピンク&ブラックカクテルサンドイッチ」「苺のガスパッチョ&トマトの泡」などの軽食メニューも15種用意。ウエルカムドリンクとして、3層のジュレの上にノンアルコールのスパークリングワインを注ぐ「苺のジュレスパークリングカクテル」も。ビュッフェ台は赤色とピンク色を基調にかわいらしく飾り、ミラーボールやグラスの積み上げタワーなどバブル期や平成を意識させる。

 シェフの平通利彦さんは「バブル時代を経験した方は懐かしんでもらって、知らない方は流行していたものを知ってもらえたら。ぜひ親子で来て和気あいあいと楽しんでほしい」と話す。

 料金は、大人=5,800円、小学生=2,900円、4歳以上=1,000円。営業時間は12月1日~12月16日(金曜・土曜・日曜のみ)は2部制(12時~14時と15時~17時)、1月11日~1月29日は月曜・火曜は12時~16時(最終来店14時)・金曜・土曜・日曜・祝日は2部制(同)。各120分制。