食べる

ミカンジュースが出る蛇口、阪神百貨店の物産展に登場

「愛媛のミカンを味わって」と石丸社長(右)と崔さん

「愛媛のミカンを味わって」と石丸社長(右)と崔さん

  •  
  •  

 ひねるとミカンジュースが出る蛇口が6月10日、阪神梅田本店(大阪市北区梅田1)8階に期間限定で登場した。

「蛇口からみかんジュース」を注ぐ様子

 同店が開く物産展「阪神の四国味めぐり」の一環。「愛媛では蛇口からミカンジュースが出てくる」という冗談を、同県松山市内でかんきつの製造・加工を手掛ける石丸農園が実現した。

[広告]

 「蛇口からみかんジュース」は1杯270円。店の一角にある蛇口をひねって、冷たい果汁100%のミカンジュースを自分で注ぐことができる。

 蛇口を開発したのは2010年ごろで、当初は地域の催しなどに運んで使っていた。14年からは主に松山空港内の自社店舗内にあり、一緒に写真を撮る観光客でいつもにぎわっているという。

 関西では今回が初登場。運営する修斗の石丸智仁社長は「ジュースには、自分たちの農園で栽培、山に登って収穫した伊予柑(かん)と美生(みしょう)柑を使っている。愛媛産ミカンのおいしさを味わっていただければ」と話す。スタッフの崔(さい)理沙さんも「さっぱりとした甘さが特徴で、とてもおいしい」とアピールする。

 営業時間は10時~20時(最終日は17時まで)。今月16日まで。

  • はてなブックマークに追加