食べる

大阪新阪急ホテルでふぐ食べ放題 昨年の好評を受けメニュー増やす

目玉の「てっちり雪見仕立て」

目玉の「てっちり雪見仕立て」

  •  

 大阪新阪急ホテル(大阪市北区芝田1)地下1階のレストラン「オリンピア」(TEL 06-6372-5240)で12月1日、グルメフェア「まんぷく 冬の贅沢(ぜいたく)グルメフェア」が始まった。

昨年よりふぐ料理を増やした

 同店では昨年から、冬の新定番としてふぐ料理をメインに提案。前回は3カ月間実施し、来場者数が過去10年間で最大となる7万4千人を超えた。今年は好評を受け、ふぐ料理を2種類から5種類に増やして開催。そのほか、和・洋・中の料理約80種類を用意する。

[広告]

 目玉メニューは、「てっちり雪見仕立て」。大根おろしでふぐと野菜のうま味を閉じ込め、冷めないように工夫した。新メニューとして、てっさを錦糸卵や野菜のゼリー寄せにのせた「変りてっさ」(ディナー限定)、柚子をアクセントにした「ふぐ白子入り茶碗蒸し」、生姜風味のタレと彩り野菜をトッピングした「ふぐの唐揚げ 中国風」を提供する。

 そのほか、蟹肉と蟹みそチャーハンを丸く焼き上げた「かに球」、デミグラスソースで煮込んだ「イベリコ豚のタンシチュー」、グリーンピースのソースで仕上げた「フォアグラのポアレ トリュフリゾット添え」など。森永製菓(東京都港区)とのコラボデザート企画として「Hot(ほっと)バナナのキャラメリゼ&DARS(ダース)」も。提供前に液体窒素でダースを冷やすパフォーマンスで会場を盛り上げる。

 広報担当の川崎彩美さんは「大阪でなじみの深いふぐ料理を楽しんでもらえたら」と話す。

 席数は280席。月曜~金曜=100分制、土曜・日曜・祝日(12月25日、27日~31日、1月4日も同じ)=90分制。ランチ料金は、3,700円(毎日11時30分~、土曜・日曜・祝日は13時30分~もあり)と3,200円(13時30分~、土曜・日曜・祝日は15時30分~)、ディナー料金は4,700円(17時30分~と19時30分~)。各コースともソフトドリンク飲み放題が付く。