天気予報

30

19

みん経トピックス

阪急うめだでラテンバザール大阪で「旅写真」トーク会

梅田スカイビルでメキシコ祭り「フィエスタ・メヒカナ大阪」 タコス食べ比べも

梅田スカイビルでメキシコ祭り「フィエスタ・メヒカナ大阪」 タコス食べ比べも

メキシコの伝統料理「ポソレ・ヴェルデ」

写真を拡大 地図を拡大

 梅田スカイビル(大阪市北区大淀中1)下の広場「ワンダースクエア」で9月8日、「フィエスタ・メヒカナ大阪2017」が始まった。 

ステージと一体になって踊る来場者たちの様子(前回)

 毎年9月16日の「メキシコ独立記念日」に合わせて開いている同イベント。今年で21回目を迎える。毎年2万5000人以上が来場し、今年も同程度の来場者を見込む。会場では、メキシコの料理や飲み物、民芸品を販売する屋台が並ぶほか、来日した音楽団や、舞踏団が本場の歌や踊りで会場を盛り上げる。

 飲食屋台では、タコスやナチョスなど10種類以上を販売。同イベント広報の高瀬奈々さんは「タコス一つでも店によって味がさまざまなので、食べ比べもイベントの魅力」と話す。メキシコを代表する「コロナ」や、日本では珍しいという「ドスエキス」「テカテ」などのビール、テキーラなどのアルコール類もそろえる。

 ステージでは、昨年で結成30周年を迎えた、メキシコの伝統音楽「マリアッチ」バンドの「マリアッチ・アガベ」をはじめ、マリンバチームの「ラ・バンバ」、民族衣装の「チャロ」を着たシンガー「エミリオ・モラレス」などが出演。メキシカンダンスの参加型のプログラムも用意する。

 そのほか、陶器や民芸品、民族衣装、アクセサリーなどを販売する屋台も設営。メキシコプロレス「ルチャリブレ」を象徴するカラフルな覆面や、オアハカ地方の名産品「オアハカチーズ」も扱っている。

 開催時間は12時~21時(最終日は20時まで)。入場無料。9月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

西梅田スクエア第2会場に9月25日、「よしもと西梅田劇場」がオープンした。「よしもと西梅田劇場」の外観。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング