見る・遊ぶ

映画「さらば愛しの大統領」、ギネス申請に向け1日12回の舞台あいさつ

「さらば愛しの大統領」のワンシーン©2010「さらば愛しの大統領」製作委員会

「さらば愛しの大統領」のワンシーン©2010「さらば愛しの大統領」製作委員会

  •  
  •  

 11月6日の全国公開に先立ち、10月30日に関西先行公開する映画「さらば愛しの大統領」(配給=アスミック・エース)で初日、12回の舞台あいさつでギネスにチャレンジすることがわかった。

映画のワンシーン

 同作品は、「ノバウサギ」「ジョージア」のCMやPVでも活躍する柴田大輔監督と、放送作家として「めちゃ2イケてるッ!」「アメトーーク!」などを演出する世界のナベアツさんのダブル監督作品。

[広告]

 「大阪の独立」をマニフェストに府知事選にまさかの当選を果たした世界のナベアツさんが大阪合衆国の初代大統領に就任するが、大統領暗殺予告が届く。大阪府警の「迷」コンビ、早川刑事(宮川大輔さん)と番場刑事(ケンドーコバヤシさん)が大統領を守るべく犯人グループの捜索に乗り出す、というギャグ・エンターテインメント。人気キャスター役に吹石一恵さん、大統領秘書役に釈由美子さん、そのほか多くの俳優と芸人が集結する。

 同作品では、大阪の7会場で初日1日12回、舞台あいさつを行う予定で、「これまで東宝さんの1日10回が最高記録。1日で12回は初めてなのでは」(アスミック・エースの大澤好美さん)とギネス申請に向け挑戦する。

 当日は、「ワーナーマイカルシネマズ茨木」(茨木市)、「ワーナーマイカルシネマズ大日」(守口市)、「布施ラインシネマ」(東大阪市)、「MOVIX八尾」(八尾市)、「アポロシネマ8」(大阪市阿倍野区)、「TOHOシネマズなんば」(中央区)、「梅田ブルク7」(北区)に登壇し、世界のナベアツ、柴田大輔両監督、主演の宮川大輔さん、ケンドーコバヤシさんが「大阪から日本を元気にするために『オモロー!』と体を張って挑戦する」という。大澤さんは「ギネス認定になるかもしれない瞬間を見に、最寄りの劇場に足を運んでください」と呼びかける。

 チケットは2,000円。チケットぴあ、サークルKサンクス店頭で販売している。

  • はてなブックマークに追加