食べる

阪神梅田本店にSNSで話題の「スイカパン」登場 見た目と味のギャップ楽しく

SNSで話題のスイカパン

SNSで話題のスイカパン

  •  
  •  

 仙台市にある「キクチヤベーカリー」の見た目がスイカにそっくりな食パン「スイカパン」が5月15日、阪神梅田本店(大阪市北区梅田1)1階「パンワールド」に期間限定で登場した。

販売する「スイカパン」(右)、「クリームスイカパン」(左)

 2017年5月に提供を始め、写真映えすることから一躍SNSで話題となった「キクチヤベーカリー」の名物パン。阪神梅田本店で販売するのは今回が初で、「スイカパン」(赤)と「クリームスイカパン」(黄)の2種類を用意する。

[広告]

 スイカパンの赤い果肉部分は、イチゴ風味。強化果汁で味付けをし、かき氷などで使用するシロップで色付けるという。黄色のクリームスイカパンは、レモンピールを配合したレモン風味で、「甘さ控えめ」。チョコチップでスイカの種を表現し、より本物らしく仕上げた。

 担当の大城秀幸さんは「赤いスイカパンはトーストして食べるのがお勧め。黄色のクリームスイカパンは甘さが控えめなので、蜂蜜や生クリームを付けるのも良い」と話し、「見た目と食べた時の味のギャップも楽しんでもらえたら」と話す。

 サイズは1斤のみで、価格は各648円。日持ちは、購入日より3日間。

 スイカパン以外にも、屋台で販売する「チョコバナナ」そっくりの「チョコバナナパン」(227円)も同時販売。バナナ果汁入りの生地を使い、中にはバナナジャムが入っているという。チョコレートやカラースプレーでコーティングし、見た目をよりチョコバナナに近づけた。

 営業時間は10時~20時。今月21日まで。

  • はてなブックマークに追加