食べる

阪神梅田本店で沖縄物産展 「島野菜・島果実」テーマに50店超

会場の様子

会場の様子

  •  
  •  

 沖縄の物産展「阪神のめんそーれ沖縄 味と技展」が5月15日、阪神梅田本店(大阪市北区梅田1)8階で始まった。

島野菜をトッピングした「島野菜の焼きチーズカレーパン」

 同店催事の中で40年以上続く、最も歴史のある同物産展。今年は「島野菜・島果実」をテーマに約50店が集結。沖縄の食材を使った料理やスイーツなど160種類以上を提供するほか、雑貨なども販売する。

[広告]

 注目は、沖縄の代表野菜「ゴーヤー」を使ったアレンジメニュー。「ベーカーズアントレ」(沖縄市)は、人気のチーズカレーパンにゴーヤー、島ニンジン、パプリカなど多彩な野菜をのせた「島野菜の焼きチーズカレーパン」(1個=291円)を販売。「椛(もみじ)弁当」(那覇市)は、肉のうま味とゴーヤの苦みが相まった「ゴーヤー肉詰め」「マーボーゴーヤー」(100グラム=各401円)、「てんぷす」(国頭郡)は「ゴーヤー鶏唐揚」「もずく鶏唐揚」(同=各451円)などを用意。いずれも実演販売する。

 本州初上陸となる「パブラウンジ エメラルド」(北中城)の約300グラムのステーキ(2,501円)もイートインで登場。1日肉を寝かせた上に特製タレにさらに1日漬け込んで焼き上げたジューシーな味わいが特徴だという。

 スイーツでは、「カメアンダギー」(豊見城市)がカボチャで甘みを付けた名物のサーターアンダギー(1個=161円~)を販売。黒蜜、黒糖、沖縄の塩「ぬちまーす」などのトッピングも用意する。そのほか豆乳とおからを使ったマフィンが売りの「sweets shop SOYSOY」や、沖縄で人気のアイスクリーム店「ブルーシール」も登場する。

 「泡盛バー」では、今年から沖縄の素材を使った泡盛カクテルの提供を開始。すりおろしゴーヤとライムを合わせた「KACHA-SEA(ゴーヤーカチャーシー)」や、沖縄県産パインが入った泡盛パインサワー(以上601円)など色鮮やかなドリンクを用意する(ノンアルコールも対応可)。そのほか、「オリオンビール」や「石垣島ビール」など沖縄のビールを提供する「沖縄周遊地ビールバー」も設ける。

 催事担当の大田さんは「40~50代女性が主な客層だが、今年はカクテルなど写真映えするものも用意しているので、若い層にも来てもらいたい。沖縄物産展で、現地の気分を楽しんでもらえたら」と話す。

 営業時間は10時~20時(最終日は16時まで)。今月21日まで。

  • はてなブックマークに追加