食べる

「食べられるアート」 リッツ大阪でジャニス・ウォンさんのデザートコース

ジャニス・ウォンさん(左)と里美保子さん(右)

ジャニス・ウォンさん(左)と里美保子さん(右)

  •  

 世界的ペストリーシェフであるジャニス・ウォンさんが手掛ける期間限定のデザートコースが1月31日、ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区梅田2、TEL 06-6343-7020)1階のイタリア料理店「スプレンディード」に登場した。

イチゴのカプレーゼ

 アジア地域のレストランを格付けした「アジアベストレストラン50」で、2013年・2014年の2年連続でアジア最優秀ペストリーシェフに選ばれたウォンさん。アーティストとしても活躍し、「食べられるアート」をテーマにしたデザートで世界的に注目を集める。東京、シンガポール、マカオに店舗を持ち、今回初めて大阪でデザートコースを提供するという。

[広告]

 用意するのは、3皿(8,073円、カクテルセット=1万1,178円)、5皿(1万1,799円、カクテルセット=1万6,767円)の2種類のデザートコース。トマトのカプレーゼをイチゴで表現した「イチゴのカプレーゼ」は、イチゴミルクのアイスを土台に、泡立てたラズベリーのゼリーや生のイチゴと白ワインビネガーを染み込ませたイチゴ、桜のタピオカ、イチゴのコンソメなどをトッピング。「スプリングオニオンタルト」は、タマネギをメインに使い、マスタードのアイスクリーム、柚子のソースなどを添えた。今回のためのオリジナルメニューである「5テイスト チョコレート」では、苦み、うま味、塩気などの5つの異なる味が楽しめるものを用意した。

 メニューに合わせて、同ホテルのバー「ザ・バー」のミクソロジストである里美保子さんが提案するミクソロジーカクテルも用意。それぞれのデザートに合うものを一皿ずつペアリングして楽しめるという。

 提供時間は11時30分~14時、18時30分~22時。4月30日まで。