買う

梅田で「年末ジャンボ宝くじ」発売 お笑いコンビ「和牛」らが大喜利で盛り上げ

お笑いコンビ「和牛」らが登場

お笑いコンビ「和牛」らが登場

  •  

 お笑いコンビ「和牛」「ヤンシー&マリコンヌ」、お笑い芸人のすっちーさん、吉田裕さんをゲストに11月21日、「年末ジャンボ宝くじ」の発売記念イベントが大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1)特設売り場で行われた。

約200人が宝くじを求めた

 今年も1等・前後賞を合わせて10億円の賞金額を用意する「年末ジャンボ宝くじ」。「ミニ」「プチ」も合わせて販売する。3つのくじで、10万円以上の当選本数が16万1195本と、前年に対し6万7680本増加した。今年から公式サイトで24時間宝くじの購入が可能となった。

[広告]

 会場には8時の発売から、約200人が宝くじを求めて集まった。イベントでは、「平成最後の年やり残していること」についてゲストがトークした。「ヤンシ―&マリコンヌ」の森田まりこさんは「一番きれいなときだからこそグラビア」、「和牛」の水田信二さんは「M-1(エムワン)グランプリ優勝」を挙げた。「10億円が当たった」ことを想定した大喜利では、すっちーさんが審査員となり、「買った船を『ジャンボンギョン号』と名付けた」と答えた川西賢志郎さんが優勝。川西さんは「M-1への良いステップにしたい」と喜びを見せた。

 すっちーさんは「もし10億円が当たったら、『吉本西梅田劇場』の隣に『吉本西梅田東劇場』を作りたい」と笑いを誘い、「インターネットでも買えるようになったが、ぜひ売り場にも来て験担ぎをして」と呼び掛けた。

 なんばグランド花月(中央区)では今月27日~12月3日の7日間、宝くじをストーリーに盛り込んだオリジナル公演「年末ジャンボ宝くじオリジナル吉本新喜劇」を行う。

 価格は1枚300円。販売は12月21日まで。当選は31日に発表。