暮らす・働く

グランフロント大阪に医療機関が運営するフィットネスジム「mediFIT」

初回に簡易の機能運動性評価テストを受ける

初回に簡易の機能運動性評価テストを受ける

  •  

 グランフロント大阪(大阪市北区大深町)北館6階に10月1日、医療機関が運営するフィットネスジム「mediFIT(メディフィット)」がオープンした。

 人間ドックや健康診断などの予防医療事業を中心に展開する桜十字グループの「桜十字グランフロント大阪クリニック」内に開設された同ジム。健診後の保健指導の際、ただ運動を勧めるだけではなく、自前のジムを紹介して具体的な運動内容を示す目的で開いた。

[広告]

 同ジムでは、疲労回復や腰痛、膝痛など身体的不調の改善に加え、糖尿病など生活習慣病の治療・予防を目的としたエクササイズを提供する。

 医療法人大阪桜十字新規事業開発室の竹端秀海さんは「医療法人が提供するフィットネス施設は全国に100以上あるが、多くは患者のサポートが目的。運動することで未然に防げる病気もあるのにという思いがあった」と話す。

 初回はカウンセリングの後、「オーバーヘッドスクワット」などによる簡易の機能運動性評価テスト、評価とプログラミング、コンディショニング、エクササイズとフィードバックを体験。基本プランではほかに個人レッスン1回分(60分)、靴・ハーフパンツ・Tシャツレンタル、予約制のフリートレーニングが付く。

 会員数は初年度で50人程度、将来的に100~150人を目標にする。

 基本プランは月額1万5,000円。営業時間は9時~21時。土曜・日曜・祝日定休。