見る・遊ぶ 買う

大丸梅田で関西初「ウォーリーをさがせ!展」 原画など約150点

「ウォーリーをさがせ!展」フォトスポット

「ウォーリーをさがせ!展」フォトスポット

  •  

 関西初開催となる「ウォーリーをさがせ!展」が10月10日、大丸梅田店(大阪市北区梅田3)15階の大丸ミュージアムで始まった。

会場内の様子

 「ウォーリーをさがせ!」はイギリス生まれの人気絵本シリーズ。さまざまな時代や場所を舞台に、人ごみに紛れている赤白のボーダー服を着た「ウォーリー」を探し出すという内容で、世界38カ国、30言語に翻訳された。シリーズの世界累計は6500万部、日本国内でも1000万部を超えるベストセラーとなっている。誕生から30周年を記念した同展は、今年4月から東京や横浜など全国を巡回中で、大阪での開催は初めて。

[広告]

 会場では、ウォーリーシリーズの主要タイトル7作品を紹介。絵本原画50点に加え、初期設定のイラスト、作者のマーティン・ハンドフォードさんが幼少期に書いた作品など計約150点を展示する。同展のために制作したオリジナル限定アートも見どころの一つ。会場壁面には、絵本のページを拡大したものも用意し、実際にウォーリーを探して楽しむことも。

 日本ツアーを記念し、アートディレクターの中村至男さん、建築家の寺田尚樹さん、写真家の本城直季さんらが製作したコラボレーション作品も展示する。

 会場横では、展覧会公式図鑑やマグカップなどの同展オリジナルグッズ400点以上を販売。大阪限定デザインのメモ(756円)も用意した。

 開催時間は10時~19時30分(最終日は17時30分まで)。入場料は一般=1,000円、大高生=800円、小中学生=400円。今月30日まで。

 (c)DreamWorks Distribution Limited.All rights reserved.