食べる

阪神百貨店で「福島県物産展」-福島グルメが集結、「つまみバー」も

「かに船」のうに貝焼き

「かに船」のうに貝焼き

  •  
  •  

 阪神梅田本店(大阪市北区梅田1、TEL 06-6345-1201)8階で3月18日、「福が満開 阪神の福島県物産展」が始まった。

「福が満開ふくしま隊」らが鏡割りを行った

 福島グルメの代表格、日本酒やラーメン、和菓子が人気を集める同展。昭和29年創業の喜多方老麺まるや(喜多方市)の「喜多方ラーメン」(1人前=751円)、濃厚な自家製会津ソースで味わう串鶴(会津若松市)の串かつ(6本セット=1,188円など)、「災難に『あわ』ない」厄除けの意味を持たせた小池菓子舗(柳津町)の「あわまんじゅう」(10個入り971円)など、食品34ブースを含む44ブースが出展する。

[広告]

 イベント初日には、福島の魅力を全国に発信するPR隊「福が満開ふくしま隊」と、ご当地キャラの「八重たん」「キビタン」が登場し、鏡割りを行ったほか、地元の酒造メーカー・大七酒造(二本松市)の酒を振る舞うなどして会場を盛り上げた。

 その場で食べたり、飲んだりできるのも同展の特長。喜多方老麺まるやでは会場内にテーブル席を設置し、「お食事処」としてラーメンを提供。大七酒造も会場内で地酒が味わえる「大七バー」を開設し、「『真桜』(80ミリリットル)と柚子みそ田楽」(601円)、「大七酒造 梅酒と鶏唐ゆずみそ和え」(741円)など、地酒とつまみのセットを販売する。

 食品のほかにも、桐下駄や東北の刺子を使ったパッチワーク、馬革のバッグなどの工芸品も取りそろえる。期間中は、元スパリゾートハワイアンズのトップダンサー・リノラニあゆみさん率いる「ハーラウ ラウラーナニ」も来場し、21日・22日の12時、13時30分、16時30分にフラ・タヒティアンダンスを披露する。23日の12時、13時30分、16時30分は、熱塩温泉「ひめさゆりの宿ゆもとや」の檜澤久子さんら3人のおかみが、おもてなしの作法や心構えなどを紹介する。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。今月24日まで。

  • はてなブックマークに追加