食べる

大阪・天満に「鮪酒場 まぐろじん」 翠ジンソーダサーバー設置も

「まぐろじん」外観

「まぐろじん」外観

  • 3

  •  

 「鮪酒場 まぐろじん 天満店」(大阪市北区天神橋4、 TEL 06-6353-5110)が5月10日、天神橋筋商店街にオープンした。運営は「GC(ジーシー)」(東京都港区)。

「翠ジンソーダ」卓上サーバー

[広告]

 「レモホル酒場」や「焼き鍋肉のたむら」などの飲食店を全国に展開する同社の新業態となる同店。ターゲットを30代に設定し、内装は、木製のカウンターや椅子を置くほか、「翠(すい)ジンソーダ」のちょうちんなども飾る。席数は、カウンター席28席、テーブル席16席。

 店内には、同社初となるサントリーの翠ジンソーダ卓上サーバーをカウンター2席、テーブル4席に1台ずつ設置する。90分飲み放題で、価格は300円(お通し代含む)。ちぎり大葉や緑茶のティーパック、巨峰シロップなど9種類のトッピング(各50円)も用意する。

 料理は、翠ジンソーダとの相性を意識し、まぐろ料理を看板メニューに掲げる。サーモンやいくらをあふれるほどすしにのせた「炙りサーモン三昧」(658円)や、長崎・対馬のクロマグロを使った「対馬まぐろ希少部位3種食べ比べ」(977円)などを提供する。

 店舗奥では同日、同社が運営を手がけるもつ鍋店「ハイボールとレモンサワーとモツトキャベツ」も営業を始めた。FC業務推進部スタッフの榊善修さんは「同じ店舗内に2店を出店するのは当社初の試み。コロナ禍で客足の減った天神橋筋商店街に活気が戻るきっかけになれば」と話す。

 営業時間は16時~23時(土曜・日曜・祝日は12時~22時)。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース