見る・遊ぶ

中之島図書館で昭和テーマの関西鉄道展 個人コレクション500点展示

近鉄の方向板

近鉄の方向板

  • 237

  •  

 昭和をテーマにした鉄道の企画展「現役の鉄道車両で感じる昭和ノスタルジー いまなお現役昭和の残党たち」が11月4日から、大阪府立中之島図書館(大阪市北区中之島1)本館3階展示室で開催されている。

昭和に製造され現在も運行する阪急の鉄道模型

 鉄道グッズのコレクター、中司純一さん、朔良(さくら)さん親子が、1969(昭和44)年から収集したコレクションを展示する同展。2017(平成29)年より開催し、今回で6回目となる。今回は、昭和時代に製造され、現在も現役で運行する関西の鉄道会社の車両模型や部品を中心に、約500点展示する。

[広告]

 現在はLED化され姿を消してしまった、電車の種別や行き先を示す方向板や、昭和に製造された車両のNゲージ鉄道模型、手書きの駅時刻表、運転士が使用した運転時刻表など、阪急、近鉄、南海、京阪など関西の鉄道のものや、特急「彗星(すいせい)」「はまかぜ」のヘッドマークなどレアなコレクションも多数展示する。

 純一さんは「過去の収集品から、鉄道の魅力や昭和のノスタルジーを感じてもらいたい」と話し、「鉄ちゃん予備軍のお子さまから、展示物の解説の間違いを指摘してもらえるようなマニアックな方まで、幅広い方に来場してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は、9時~20時(土曜は17時まで)。日曜・祝日定休。入場無料。11月28日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース