食べる

梅田・阪急三番街のフードホールのアクリルパネルに有名歌手らのイラスト

矢井田瞳さんのイラスト入りのアクリルパネルと「大阪産(もん)」限定メニュー

矢井田瞳さんのイラスト入りのアクリルパネルと「大阪産(もん)」限定メニュー

  • 40

  •  

 梅田の商業施設「阪急三番街」北館地下2階の「ウメダ フードホール」(大阪市北区芝田1)が9月25日、大阪出身のミュージシャンが描いたイラストを施した、飛沫(ひまつ)感染対策のアクリルパネルを設置した。

「ニューヨーク デリ スタイル」の「なにわポークの豚しゃぶカレー」

 同エリアを運営する阪急阪神ビルマネジメント(同)が、「大阪の食と文化を盛り上げたい」と企画。地元ラジオ局・FM802(天神橋2)の協力を得て、矢井田瞳さん、渋谷すばるさん、ロックバンド「flumpool」ベーシストの尼川元気さん、ロックバンド「KANA-BOON」など、7組11人のミュージシャンが参加する。「大阪を元気に!」をテーマに、同企画のために描いたイラストを施した48枚のアクリルパネルをテーブルに設置した。

[広告]

 新型コロナウイルス感染拡大により、大きな影響を受けた大阪の生産者を地産地消で応援しようと、なにわポーク、河内蓮根(れんこん)、イチジク、卵など、大阪府で生産される食材「大阪産(もん)」を使ったメニューを期間限定で提供する。「ニューヨーク デリ スタイル」の「なにわポークの豚しゃぶカレー」(800円)、「天丼・天串・串カツ いしのや」の「大阪もん 天ぷら盛合せ」(968円)、「イタリアンダイニング ペスカ」の「大阪産いちじくのタルト」(480円)、「鳥焼き・蕎麦(そば)・おでん 一重」の「純植たまごの親子丼」(748円)など、12種類を用意する。

 2018(平成30)年3月に開業した同エリア(約2300平方メートル)は、「バル」「美食」「お手軽」「スタミナフード」「スイーツ」の5つのゾーンに分かれ、15店舗が出店する。新型コロナウイルス感染症対策として、共用の客席は約7割の700席に間引き、消毒液を設置する。

 同社の内田直子さんは「透明なアクリルパネルだと殺風景だと思い、ミュージシャンとのコラボレーションを企画した。都心部でも安心して、食事を楽しんでいただければ」と話す。

 営業時間は10時~23時。10月18日まで。