食べる

大阪駅「時空の広場」で「名探偵コナンカフェ」 パスタやサンドで世界観表現

  •  
  •  

 「名探偵コナンカフェ2019」が3月28日、大阪駅の「時空の広場」にあるカフェ「バール・デルソーレ」が始まった。

「安室徹特製!喫茶ポアロのハムサンド」

 映画「劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』」が4月12日に公開されることを記念して、全国9都市11会場で開催される。同会場では4回目。昨年は毎日行列ができる人気ぶりだったという。期間中は店舗外装を描き下ろしイラストで装飾。通常メニューもコナンカフェのメニューに変更して提供する。

[広告]

 メニューはフード5種、デザート6種、ドリンク5種、テークアウトドリンク4種を用意。「怪盗キッド」の帽子に見立てた器に盛り付けた「怪盗キッドのイリュージョンパスタ」(1,717円)や、物語に出てくる「喫茶ポアロ」のハムサンドを再現した「安室徹特製!喫茶ポアロのハムサンド」(1,501円)など、アニメ内に出てくるキャラクターにちなんだメニューをそろえる。作中で犯人風に登場する黒ずくめの男をイメージした「犯人デザートセット~フォンダンショコラ&スムージー~」(1,825円)といった変わり種も。

 そのほか、キーホルダーやTシャツ、ボールペン、クリアファイルなど約50種の限定グッズも販売する。

 営業時間は9時~22時。6月2日まで。

  • はてなブックマークに追加