見る・遊ぶ

大阪ステーションシティ「時空の広場」に巨大花壇-安藤忠雄さんが発案

大阪ステーションシティ「時空の広場」で「フラワーアートミュージアム2012」が始まった

大阪ステーションシティ「時空の広場」で「フラワーアートミュージアム2012」が始まった

  •  
  •  

 大阪ステーションシティ(大阪市北区梅田3)5階「時空(とき)の広場」で10月29日、フラワーイベント「フラワーアートミュージアム2012」が始まった。

上階から見た時空の広場

 建築家で大阪府・大阪市の特別顧問を務める安藤忠雄さんが「殺風景な広場を花で埋め尽くしては」と提案したことがきっかけで実現した同イベント。一辺約4.8メートルの花壇30区画に、ブルー、ピンク、レッド、ホワイト、パープル、イエロー、オレンジの7色35種類、2万ポット以上の花が用意され、680平方メートルの花畑が広がった。

[広告]

 花壇には1月~12月のQRコードが設置され、携帯電話から自分の誕生月のコードを読み込むと誕生日を入力する画面に遷移。入力すると誕生花や花言葉、今週のラッキーカラー、ラッキーフラワー指数などが表示される仕掛けが用意されている。広場では全日、同館での商品購入者(2,000円以上)を対象に「花のメモリアルノート」を各日先着200人に配布する。

 期間中、特設ステージではポップス、ジャズ、クラシックなど「花の色彩と美しさ」をテーマにした「花のハーモニーライブ」を展開。参加料500円で押し花アートやフラワーボックスを作るワークショップも開催。最終日には、同館での買い物客に花壇で使用した花を進呈する。

 初日のオープニングセレモニーに登壇した安藤忠雄さんは「地上20数メートルに広場があり、空中でコーヒーが飲めて空中で花を見られる駅はほかにないのでは。企業も個人も誇りある大阪を作るために頑張っていただくスタートに、この企画がなれば」と期待を寄せる。

 開催時間は8時~23時30分(最終日は18時まで)。ライブやワークショップの開催日時はホームページで確認できる。11月11日まで。

  • はてなブックマークに追加