天気予報

14

5

みん経トピックス

梅田にICOCAルーム大阪駅周辺で宇宙イベント

阪神百貨店、「みやげ図鑑」発行-帰省時土産需要見込み図鑑風に商品紹介

阪神百貨店、「みやげ図鑑」発行-帰省時土産需要見込み図鑑風に商品紹介

図鑑風に仕上げた「2012年夏版 阪神みやげ図鑑」

写真を拡大 地図を拡大

 阪神梅田本店(大阪市北区梅田1、TEL 06-6345-1201)は現在、帰省客に向けた土産商品パンフレット「2012年夏版 阪神みやげ図鑑」を配布している。

図鑑風に商品を紹介

 土産選びに頭を悩ませる人が多い中、「今までにない喜んでいただける土産カタログを作りたい」と企画した同パンフレット。「美坊主図鑑やおじさん図鑑など、『図鑑』がブームであることに目を付けた」(プロモーション計画部の溝口佳代子さん)といい、図鑑風のパンフレットを作成した。サイズはA5版で16ページ。地下1階中央エスカレーター横の丸柱で配布する。発行部数は、好評で増刷したものも合わせて1万2000部。

 カタログは、「阪神タイガース科」「粉もん科」「もな科」「アイスデザート科」「おもしろミックス科」など、「科」別に分類し57アイテムを掲載。各科の特徴や商品の解説を図鑑風にまとめている。

 7月18日~24日の1週間に販売した売り上げ個数のランキングでは、1日平均1万枚以上を売り上げる名物商品「阪神名物いか焼き」(147円)が約7万4000枚で1位、オープン以来行列の絶えないガトーフェスタ・ハラダの「グーテ・デ・ロワ大缶」(3,150円)が約700個で2位で、3位に福砂屋の「カステラ」(360グラム=1,050円)、4位に源吉兆庵の「陸乃宝珠」(8個入り=2,100円)、5位にデイリーフーズコーナーの大阪地ソース各種がつけている。

 今月8日~12日には、今年6月に同店で限定販売したカルビーの「かっぱえびせん 匠海(たくみ)」(10枚入り=630円、30枚入り=1,890円)も登場。各日、各400個限定で販売する。

 今年の傾向については「例年通り軽くて持ち運びがしやすく、皆さんで召し上がれる分量と共に個包装されている商品が人気」と溝口さん。「阪神で販売するお土産の魅力をこの図鑑をきっかけに知っていただき、ぜひ楽しみながらお買い求めいただければ」と話す。

 地下1階の営業時間は10時~21時(月曜・火曜は20時30分まで、日曜・祝日は20時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・北新地のそば店「わたなべ」が3月21日、世界三大珍味の一つで高級食材の「トリュフ」を使った「トリュフ蕎麦 おまかせコース」の提供を始めた。「河内鴨鍋」。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング