買う

大丸梅田店のフェムテック売り場にデリケートゾーンケア10ブランド集結

「ミチカケ」売り場責任者の高橋知世さん

「ミチカケ」売り場責任者の高橋知世さん

  • 4

  •  

 大丸梅田店(大阪市北区梅田3)5階の中央イベントスペースで、国内外10ブランドのデリケートゾーンケアアイテムを集めたポップアップ店を期間限定で開催している。

ポップアップ店の様子

 ポップアップ店に隣接する「ミチカケ」は2019年11月、性や生理など女性特有のデリケートな悩みや不安に寄り添う売り場としてオープン。当初、フィメール(女性)とテクノロジーを掛け合わせた「フェムテック」に特化した売り場は少ない中、大手百貨店が手掛けたことで注目を集めた。現在、コスメや衣類をはじめ、セルフプレジャーグッズや月経カップなどを扱う13店で構成する。

[広告]

 昨年11月に1周年を記念し、生理時の経血を吸収する「吸水ショーツ」を7ブランド約50種類集めたポップアップ店を開催。第2弾となる今回、10ブランドのデリケートゾーンケアアイテムを集めた。「ミチカケ」の立ち上げ時から携わり、現在、責任者を務める高橋知世さんは「コロナ禍でおうち時間が長くなり、自分の体に向き合う人が増えた。デリケートゾーン専用ケア商品は、日常生活に取り入れやすく、既存の売り場でも売れ行きが伸びている」と話す。

 出店ブランドは、既存店「iroha(イロハ)」や「MOOND by LPC(ムーンドバイエルピーシー)」で取り扱うイギリス発のオーガニックブランド「YES」、水玉柄のポップなパッケージの「Sweet Spot(スイートスポット)」をはじめ、華やかなローズの香りが特徴の「I’m La Floria(アイム ラ フロリア)」、「ぷるぷる」した触り心地のソープでデリケートゾーンを直接洗う「meekuri(ミクリ)」の「ヴィオ ソフトウォッシュ」(1,800円)など。

 高橋さんは「顔は毎日スキンケアするのが当たり前だが、顔の肌よりも繊細だと言われているデリケートゾーンのケアをする人はまだ少ない。『ミチカケ』という売り場が特別なものとしてフィーチャーされるのではなく、ライフスタイルの一部として溶け込んだ売り場を目指したい」と意気込む。

 営業時間は10時~20時。今月20日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース