3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

阪急うめだ本店にイタリア発のカフェ「ビチェリン」 関西初上陸

「Bicerin HANKYU UMEDA」外観

「Bicerin HANKYU UMEDA」外観

  • 130

  •  

 イタリア・トリノのカフェ「Bicerin(ビチェリン)」(TEL 06-6313-0066)が7月15日、阪急うめだ本店(大阪市北区角田町)4階にオープンした。運営はビチェリン・アジアパシフィックアンドミドルイースト(東京都中央区)。

看板メニューの「ビチェリン」

 1763年にイタリア・トリノで創業した同カフェ。イタリア初代首相のカミッロ・カヴールや哲学者のフリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ、「三銃士」「モンテクリスト伯」の著者アレクサンドル・デュマ・ペールに愛されたトリノ最古の老舗カフェとして知られる。2018(平成30)年7月に東京・池袋や新宿に国内初店舗を同時オープンし、今回が7店目で関西初となる。

[広告]

 約30坪の店内には、約50席を設ける。ブランドカラーの深緑を基調とし、壁にはトリノ本店の写真を装飾するなど、落ち着いた空間を演出する。

 店名を冠した看板メニューの「ビチェリン」(1,100円)は、ホットチョコレート、エスプレッソ、生クリームを小さいグラスに注ぎ入れ、3層に仕上げたチョコレートドリンク。広報担当者は「3層のコントラストを味わっていただくため、混ぜずにそのまま飲んでもらいたい」と話す。

 同店限定メニューは、前菜の盛り合わせや特製ラザニア、ビーフシチューなどが付いた「Bicerin 特製ビーフシチューセット 大阪産の綿実油の自家製ローズマリーオイルを添えて」(3,960円、ビーフシチュー単品=1,980円)や、レモンやライム、ローズマリーを蜂蜜と煮込んで作った「濃厚レモネード エディブルフラワー・ローズマリーを添えて」(1,100円)を用意。そのほか、パスタやパンケーキなども用意する。

 入り口付近の物販コーナーでは、「G20大阪サミット」「G7伊勢志摩サミット」で提供された焼き菓子「バーチ・ディ・ダーマ」(6個入り=1,620円、15個入り=3,975円、25個入り=5,400円)や、抹茶のバーチ・ディ・ダーマと枝豆クッキーが入った「セット・ディ・ビスコッティ」(9個入り=2,160円、20個入り=4,320円)などを販売する。

 現在は期間限定で、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボも実施。アフタヌーン
ティーセットや、カプチーノ、コラボクッキーなどを用意する。

 広報担当者は「関西にはまだビチェリンを知らない人も多いと思う。より多くの人に当店のチョコレートドリンクを味わってもらいたい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時。

Stay at Home