3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

梅田に大東洋初の女性専用カプセルホテル「Re:ady stay daitoyo」 2階に新設

大東洋初の女性専用フロア

大東洋初の女性専用フロア

  • 78

  •  

 女性専用カプセルホテル「Re:ady stay daitoyo(レディステイ ダイトウヨウ)」(大阪市北区中崎西2、TEL 06-6312-7524)が7月12日、梅田の「サウナ&カプセルホテル 大東洋」2階にオープンした。運営は北大阪振興(同)。

休憩スペース

 「サウナ&カプセルホテル 大東洋」初の女性専用カプセルホテルとしてオープンした同店。店名の「Re:ady」は、リラックスやレストのReと、「女性(lady)」「準備する(ready)」の意味を掛け、「リラックスして宿泊いただき、次の日の準備を整えてもらえたら」との思いで名付けた。

[広告]

 フロアには、鍵に付属しているセキュリティーカードを使って入室。入り口すぐの休憩スペース(15席)は、木目調のテーブルを設け、植物を配置した温かみのある空間を演出。奥のパウダールームには、LEDライト付きの鏡を設置し、最新のヘアドライヤーやヘアアイロン、化粧水、乳液、洗顔料などの基礎化粧品もそろえる。ロッカールームやシャワールームも完備する。

 客室数は全85室。広さは、全室セミダブル(奥行き2メートル、横1.2メートル)。「エアウィーヴ」のマットレスに羽毛布団を用意するほか、テレビ、ヘッドホン、電源ソケットなども設置する。各部屋の仕切りはブラインドで対応。宿泊者には、厚切りトースト、卵、コーヒーの朝食が付く(6時~9時、休憩スペース内)。

 地下には大浴場、サウナ、エステティック、マッサージ、食事スペースのほか、500冊以上の雑誌や漫画が読み放題の図書コーナーも用意する。宿泊料金は3,600円~(7月31日までは2,500円)。チェックインは12時~(カプセル利用は15時~)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home