3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大阪・堂島浜に宿泊主体型ホテル「ゼンティス大阪」 1カ月半延期し開業

ゼンティス 大阪の外観

ゼンティス 大阪の外観

  • 43

  •  

 大阪・堂島浜のコスモ堂島中町ビル跡(大阪市北区堂島浜1)に7月15日、宿泊主体型ホテル「Zentis Osaka(ゼンティス 大阪)」が1カ月半延期して開業する。

フランス料理やフランス菓子を盛りつけたアフタヌーンティー

 宿泊施設やバーラウンジと、取捨選択した機能とサービスに特化した宿泊主体型ホテル。16階建ての複合施設の1階~13階を利用し、1階に宿泊者向けロビーラウンジ、2階にレストラン&バーラウンジ、多目的ルーム、フィットネスルーム、3階~13階が客室となる。内装は、世界的インテリアデザイナーであるタラ・バーナードさん率いる「タラ・バーナード&パートナーズ」が担当。自然な素材にテーマカラーのマスタード色と青を基調にしたデザインに仕上げ、共有スペースや部屋内には「梅田のビル群」「御堂筋」「青のり」など、大阪をイメージした和紙アートを展示する。

[広告]

 客室数は、スイート2室含む全212室。面積は25~57平方メートルで、価格は1室2万2,160円~。シーリー社のベッドのほか、ハンター社のアメニティーや綿100%の今治タオルを採用するなど、高級感にこだわったという。宿泊者は1階ロビーラウンジでコーヒー(無料)が提供されるほか、コインランドリーや靴磨き(有料)、香水の試しづけなどができる2階の多目的ルーム「Room 001」が利用できる。

 ラウンジ・バーエリアとオープンキッチンのオールデーダイニングが一体となったレストラン「アップステアーズ」は、東京・中目黒のミシュラン1つ星「CRAFTALE」のエグゼクティブシェフ大土橋真也さんがプロデュース。出身地の鹿児島の食材や季節の食材をふんだんに取り入れた料理を提供する。ランチコース(3,025円~)、ディナーコース(9,680円~)のほか、フレンチスタイルのアフタヌーンティー(5,445円)も用意する。

 ブランド戦略室マーケティング課・副支配人の金美佳さんは「カジュアルからフォーマルまでいろんな使い方ができる、地元に根付いたホテルにしていきたい。心と体をリセットしに来てもらえたら」と話す。

Stay at Home