見る・遊ぶ

梅田で訪日客向けナイトクラブイベント サムライDJや和装ダンサー登場

盛り上がる会場の様子

盛り上がる会場の様子

  •  
  •  

 訪日外国人が和風にリミックスされたダンスミュージックやマジックなどのパフォーマンスを楽しむクラブイベント「オオサカ ナイト フュージョン」が1月10日、梅田のナイトクラブ「クラブピカデリー」(大阪市北区太融寺)で始まった。

サムライDJと和装ダンサー

 訪日外国人向けの夜間の観光コンテンツ不足が指摘される中、イベントを主催するJTBグローバルマーケティング&トラベル(東京都品川区)は、2017(平成29)年よりナイトカルチャー創出事業に取り組む。同社黒澤信也社長は「2019年の訪日観光客は3188万人と過去最多ながら、前年比2.2%増にとどまった。2025年の大阪・関西万博に向け、人数だけでなく1人当たりの消費拡大を促し大阪のナイトタイムエコノミーを活性化させたい」と話す。

[広告]

 ショーは45分間の2部構成。1部は、和風にリミックスしたクラブミュージックに合わせ、甲冑(かっちゅう)姿の「サムライDJ」や忍者姿の和楽器奏者、和装ダンサー・歌舞伎役者・マジシャンなど約20人がパフォーマンスを披露する。2部は、客がフロアで和装ダンサーたちと一緒に踊ったり、舞台に上がって三味線の演奏やマジックを楽しんだりする。言葉が通じない外国人でも楽しめる内容で、場内スクリーンの説明表記は4カ国語(日本語、英語、韓国語、英語)に対応する。

 今回のショーをプロデュースしたトライハードジャパン(大阪市中央区)の河原侑児さんは「大阪で活躍する和楽器奏者とダンサーたちとのコラボレーションが楽しめて、演者と観客が一体化できるイベントを目指す」と話す。

 毎週金曜日の20時から開催。料金は2,500円。3月27日まで。

  • はてなブックマークに追加