食べる

コンラッド大阪で「パリ」あふれるストロベリービュッフェ 凱旋門やオルセーの大時計がケーキに

ストロベリースイーツビュッフェ

ストロベリースイーツビュッフェ

  •  
  •  

 コンラッド大阪(大阪市北区中之島3)40階の「アトモス・ダイニング」で12月26日、「凱旋(がいせん)門」などパリにちなんだ装飾で料理や空間を演出するストロベリースイーツビュッフェが始まる。

キス・フロム・パリ

 ストロベリーとパリを代表するスイーツを融合し、「Strawberry in Paris パリに恋して」と題した同ビュッフェ。空間デザインは、パリのカフェをイメージした白、黒のモノトーンや、パリをイメージさせるエッフェル塔、ルーブル美術館のガラス型のピラミッド、オルセー美術館の大時計などの装飾、ストロベリーの赤でまとめた。

[広告]

 提供する時期ごとに旬の国産イチゴを使い、パリをイメージしたスイーツ約20種を用意する。オルセー美術館の大時計を模した「オルセーの大時計 アプリコットムース&ストロベリーゼリーケーキ」や、凱旋門をイメージした「凱旋門 ストロベリーショートケーキ」、エッフェル塔をかたどった「ストロベリーエッフェル塔サブレ」など。

 唇型が目を引くピスタチオシュークリーム「キス・フロム・パリ」について、フランス人ペストリーシェフのジミー・ブーレイさんは「通常のケーキと違い型がないので、まず形を作るだけでも時間がかかった。ピスタチオチョコレートのプラリネやシュー生地、さくさくに焼き上げたクレープ生地などの食感の組み合わせも楽しんでほしい」と話す。

 甘味のない軽食(セイボリー)として、「ストロベリーパングラタン、チキン、ミント、チーズ、チリソースや、「イチゴのちらし寿司(ずし)」など10種類と、コーヒー・紅茶・ハーブウオーターを用意する。

 開催時間は15時~17時。料金は、平日=大人6,199円、子ども(6歳~12歳)3,099円、土曜・日曜・祝日=大人6,705円、子ども3,352円、5歳以下無料。来年5月6日まで。