学ぶ・知る

大阪・中崎町にカフェ「パスファインダー・タイムスノブ」 バリスタ育成と語学留学機能も

下山社長(右)と成尾店長(左)

下山社長(右)と成尾店長(左)

  •  
  •  

 バリスタスクールと留学サポート機能を備えたカフェ「パスファインダー・タイムスノブ」(大阪市北区浮田1)が11月4日、大阪・中崎町にオープンした。運営はパスファインダー・インターナショナル(同)。

ラテアート世界一の経験を持つ下山さんの作品

 ラテアート世界大会で2度の優勝経験を持つ下山修正社長と、語学学校を運営する井坂浩章(ひろあき)副社長が同社を創業し、「海外で挑戦する人を応援しよう」と同店をオープン。カフェの営業時間外にバリスタスクールを開講し、実戦形式でバリスタの技術を教えるほか、フィリピンへの留学サポートも行う。提供するコーヒーは350円から。席数は、カウンター=10席、テーブル=10席。

[広告]

 下山さんは9年間勤めた大手コーヒーチェーンを退職後、ワーキングホリデーを利用して渡豪。半年後のラテアート世界大会で優勝した際、日本人向けの情報サイトで、技術指導を行う旨を告知。一人目の受講者はすでにメルボルンにある日本人向けバリスタスクールに通う生徒だったが、ずさんな指導方法や高額な費用を聞いてがくぜんとしたという。「住み慣れた日本を出て母国語でない英語を使い、物価の高い国に来て挑戦している日本人を何とかしてあげたい」という思いの下、バリスタの育成に尽力。これまでに100人以上の生徒を海外就業させた。

 この日も営業時間終了後、受講生が来店。受講生は「ラテアートの技術を高めたくて受講した。自分のラテアートでもっとたくさんの人を笑顔にしたい」と意気込む。下山さんは「英語とバリスタのスキルがあれば世界中で働ける。さまざまな人種、思想、文化に触れて自分らしい人生を歩んでほしい」と話す。

 営業時間は、カフェ=10時~18時(土曜・日曜・祝日は9時から)、バリスタスクール=18時30分~21時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加