食べる

大阪・中崎町に内装施工店が手掛けるコーヒースタンド「THE GUT'S COFFEE」

バリスタの大西祐美さん

バリスタの大西祐美さん

  •  
  •  

 コーヒースタンド「THE GUT'S COFFEE(ザ・ガッツコーヒー)」(大阪市北区中崎西1、TEL 06-6374-6390)が6月15日、大阪・中崎町にオープンした。

注文が入るごとに豆をひき、一杯ずつ丁寧に抽出する

 内装化粧フィルムやグラフィックシートの貼り施工を専門とするザ・ガッツ(北区)が運営。内装施工と同様、バリスタもコーヒーに特化した「職人」であることから、「細部までこだわり、最高の技術を提供する」を共通テーマに、同社オフィス兼工場の1階にオープンした。

[広告]

 「豆と壁に向き合う THE GUT'S COFFEE」をコンセプトに、常駐するバリスタがコーヒーや紅茶、軽食などを提供する。豆は、シドニー発のコーヒーロースター「Single O」のものを使用。常時2~3種類の豆を用意し、注文が入ってから一杯ずつ丁寧に抽出して提供する。エスプレッソマシンは、世界的にも評価が高い「ラ・マルゾッコ」を使う。バリスタの大西祐美さんは「時期によって、使う豆の種類は変わる。その時にしか飲めない最高を提供したい。コーヒーにこだわりのある方はもちろん、あまり詳しくないという方にもぜひ一度味わってみてほしい」と話す。

 メニューは、「ハンドドリップ」(500円)や「カフェラテ」(520円)のほか、紅茶(480円)、フレーバーソーダ(450円)など約10種類を用意。クロワッサンやチョコチップクッキーなどの軽食もそろえる。

 店舗面積は約35平方メートルで、座席は2~3人掛けベンチを3席用意。元々は同社の倉庫だったため、店内にはダイノックシートなどをあえてそのまま置く。店内の一角には同社の職人が着用しているオリジナルデザインのユニフォームも飾っており、広報の本村佳代子さんは「お客さまの評判もよく、これが作業着ということに驚かれる。コーヒースタンドとシート施工会社という一見ミスマッチな組み合わせだが、繋がるストーリーがある。『こだわり』と『職人』の部分にも目を向けてみてほしい」と話す。

 営業時間は9時~18時。

  • はてなブックマークに追加