食べる

リッツ大阪でマンゴービュッフェ 「オーケストラ」題材に

サマーデザートビュッフェのテーマは「オーケストラ」

サマーデザートビュッフェのテーマは「オーケストラ」

  •  
  •  

 マンゴーを使ったスイーツビュッフェ「マンゴー・パッショナート」が5月7日、ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区梅田2、TEL 06-6343-7020)1階のイタリア料理店「スプレンディード」で始まる。

お薦めのリゾットを持つアルド・キロイロ新料理長

 2016年以来、3年ぶりに復活するマンゴービュッフェ。今季は「オーケストラ」をテーマに、期間を2期に分けて開催する。「第1楽章」となる今回は、スイーツ、軽食、ドリンクなど全てにマンゴーを使ったメニューを提供する。

[広告]

 ビュッフェ入り口には重厚な赤のカーテンを引き、幕を開けるとイタリアのコンサートホールをイメージした空間が広がる。中央のビュッフェ台には、えんび服を着た指揮者のオブジェを設置し、周りにはピアノやバイオリンなど楽器のディスプレーを用意するなど、会場全体でオーケストラの雰囲気を演出。ピアノやバイオリンなどの生演奏も行う。

 提供するメニューは、鍵盤をモチーフにした「ムースフロマージュ」や、音符をかたどったチョコレートがのった一口サイズの「マカロン」、グラススイーツ「マンゴーティーパンナコッタ」、ライブキッチンで仕上げる「マンゴーアイスクリーム」など約45種類。マンゴーを使ったピザやリゾットなどの軽食も用意する。

 今年1月に新料理長に就任したアルド・キロイロさんは「お薦めは、マンゴーや豆腐、スモークサーモンなどが入ったリゾット。イタリアの調理法で作ったメニューを楽しんで」と話す。

 開催時間は14時30分~16時、16時30分~18時の各回90分制。料金は大人=5,837円、小学生=2,919円。6月30日まで。

  • はてなブックマークに追加