見る・遊ぶ

ルクア大阪で写真展「ねこ休み展」スピンオフ企画「まるごとホイちゃん展」 単独展は初

犬のニット帽を被るホイちゃん

犬のニット帽を被るホイちゃん

  •  

 猫の合同写真展・物販展「ねこ休み展」のスピンオフ企画「まるごとホイちゃん展」が1月16日、ルクア大阪(大阪市北区梅田3)9階「LUCUAホール」で始まる。主催はBACON(東京都渋谷区)。

あくびをするホイちゃん

 人気クリエーターによる「猫」をテーマにした作品を展示・販売する「ねこ休み展」初の単独展。「ねこ休み展」で「甘えん坊猫」として人気が高く、ツイッターのフォロワー数が25万人を超えるチクワ柄の猫「ホイップ」(通称ホイちゃん)に焦点を当てる。ディレクターの浅岡裕季さんは「昨年10月にルクア大阪で開催した際に、『ホイちゃんの写真がもっと見たい』『ほかにも色々なグッズが欲しい』などという声が多かったことがきっかけ」と話す。

[広告]

 会場では、ホイちゃんの新作や未公開作品など100点以上を展示するほか、2.5メートル以上の巨大ホイちゃんのフォトスポットを設置するなど、ホイちゃん一色の空間に仕上げる。グッズコーナーでは、「ねこ休み展」の常連作家の「にゃんことみーこ」や、「アップルココ」とコラボした限定グッズなどを展開。限定販売するホイちゃん初の公式写真集「ホイふぉとアルバム」(1,404円)では、生後3カ月からの作品をまとめたアーカイブ的な内容が楽しめるという。

 19日・20日は、ホイちゃんの飼い主「ホイ主(@HOIPPU_0722)」も在廊予定(11時~16時)。

 浅岡さんは「短い期間だが、未公開作品の展示や、飼い主の方も在廊するという貴重な機会。ぜひ多くの人に遊びに来てもらえたら」と来場を呼び掛ける。

 入場料は300円(3歳以下無料)。開催時間は10時~21時(最終日は19時まで)。今月21日まで。