JR大阪駅・鉄道グッズコーナーで毎週新商品発売-通販サイト連動で

第2弾(7月4日発売)のBトレインショーティー 700系新幹線ひかりレールスター「基本4両セット」と同「増結4両セット」(各2,420円)

第2弾(7月4日発売)のBトレインショーティー 700系新幹線ひかりレールスター「基本4両セット」と同「増結4両セット」(各2,420円)

  •  
  •  

 JR大阪駅地下1階の鉄道グッズコーナー(大阪市北区梅田、クロスト専門大店内)で6月27日から、毎週金曜日に鉄道グッズの新商品を発売している。ジェイアール西日本商事(兵庫県尼崎市)がウェブサイトを中心に、JR西日本の主要駅売店などで展開するグッズ販売ブランド「トレインボックス」内での「夏の週末わくわく企画」の一環として展開するもの。

第1弾「0系引退記念 色えんぴつ」イメージ

通販サイト内では8月8日発売の第7弾まで10種類を販売するうち、同コーナーでは第5弾まで7種類の販売が決定している。

[広告]

 27日に発売した第1弾は、今年11月末に予定されている0系新幹線車両の引退に伴い、「0系引退記念 色えんぴつ 新幹線大集合!」(1,500円)。東海道新幹線開業記念の複製特急券が付き、シリアルナンバー入りの限定商品で、全15色の色鉛筆それぞれに新幹線車両を描いている。

 第2弾(7月4日発売)は、「Bトレインショーティー 700系新幹線ひかりレールスター基本4両セット」(2,420円)、同「増結4両セット」(2,420円)、第3弾(同11日発売)は、「さよなら0系引退記念」として「R68編成リアルタイプチョロQ」(2,000円)と「R61編成ミニタイプチョロQ デラックスパッケージ」(850円)、第4弾(同18日発売)は、新幹線500系「W1編成 リアルタイプチョロQ」(2,000円)、「V3編成 ミニタイプチョロQ」(850円)、第5弾(同25日)は、プラレール「C57 SLやまぐち号」(2,100円)の発売を予定している。

 一部の商品についてはJR西日本の主要駅売店や交通科学博物館(大阪市港区)でも販売する。

 同社によると、ターゲットは「お子様からお年寄り、鉄道好きの方まで幅広い層を対象としている」という。特に新商品が発売される時期には「『孫や子どもにプレゼントしたい』という方なども含め、多くの問い合わせが入る」とも。

 同コーナーの営業時間は9時~21時。

第3弾は「さよなら0系引退記念」(関連画像)トレインボックス北新地に「新幹線16両が直線を走る」ジオラマのある鉄道模型バー(梅田経済新聞)副都心線「10000系」がプラレールに-原宿キデイランドで先行実演(シブヤ経済新聞)「おとどけいきゅう」スタート-京急鉄道グッズをオンラインで(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加