見る・遊ぶ

梅田に外資系ホテル「モクシー」2020年秋開業へ 国内3カ所目

「モクシー大阪新梅田」外観パース

「モクシー大阪新梅田」外観パース

  •  
  •  

 大阪・福島の旧ライオン大阪ビル跡(大阪市福島区福島7)に2020年秋、外資系ホテル「モクシー」がオープンする。運営は、マリオット・インターナショナル(米国メリーランド州)。

 127カ国に「ザ・リッツ・カールトン」「セントレジス」「マリオット・ホテル」「シェラトン」「ウェスティンホテル」など30ブランド、6500以上の宿泊施設を展開する同社。

[広告]

 モクシーは2014年に展開を始めた新ブランドで、国内では「東京錦糸町」(205室)、「大阪本町」(155室)がある。コンセプトは「節約志向の旅行者向けブティックホテル」。2000年代に成人・社会人になる「ミレニアル世代」を主要ターゲットにする。

 新ホテルは福島6丁目交差点の北西角地、上福島北公園の東側隣地の1389平方メートルに計画中。2017年9月に移転したライオン(東京都墨田区)の旧大阪オフィス跡に当たる。梅田スカイビルやグランフロント大阪が徒歩圏内に入る。

 規模は、鉄骨造14階・塔屋1階建て、延べ床面積約8900平方メートル。客室数は288室を予定している。内装はシックな趣きにまとめ、館内にはレストランやミーティングスペース、エクササイズ室などを設ける。

 飲食施設「モクシー・ピックアップ」は宿泊者の朝食やランチ、軽めの夕食向けに24時間利用でき、シリアルやフルーツ、ヨーグルト、麺類、サンドイッチ、サラダなどを提供する。フロントデスクを兼ね、宿泊客以外も利用できる「モクシー・バー」ではコーヒーやカクテルを提供する。

 建物は積水ハウス(大阪市北区)とデベロッパーのファー・イースト・オーガナイゼーション(シンガポール)が所有。プロジェクトマネジメントを積水ハウスが担う。

  • はてなブックマークに追加