天気予報

14

3

みん経トピックス

阪急梅田で日本ものづくり市梅田に文楽カラーのベンツ

大阪・扇町公園で国際協力イベント 10カ国の料理や馬頭琴の演奏も

大阪・扇町公園で国際協力イベント 10カ国の料理や馬頭琴の演奏も

扇町公園で開催(昨年の様子)

写真を拡大 地図を拡大

 扇町公園(大阪市北区扇町1)で来年2月3日・4日、イベント「ワン・ワールド・フェスティバル」が開かれる。

民族音楽やダンスの披露も

 国際協力をテーマに1993年に始まり、今回で25回目。西日本でも最大規模の国際協力イベントで、来場者は2万5000人を想定する。会場は扇町公園のほか、北区民センター(扇町2)、カンテレ扇町スクエア1階ステージ(扇町2)。

北区民センターでは、関西のNGO・NPO法人や教育機関など90以上の団体が出展し、カンボジアの地雷問題やアフリカの飲み水問題などを解説。織物や伝統楽器のワークショップも開く。

 扇町公園では、フードブースでイタリア、インド、トルコなど10カ国の郷土料理を振る舞うほか、モンゴルの伝統的な移動式住居「ゲル」を設営し、馬頭琴の演奏会を開く。カンテレ扇町スクエア1階ステージでは、民族音楽やダンスのほか、ドイツ領事館総領事長による公演などを行う。

 実行委員会の松本博さんは「従来は展示やセミナー中心だったが、フードブースなどのコンテンツを増やし、家族で楽しめるようなイベントにした。環境破壊、難民、貧困などの問題を知るきっかけにしてほしい」と話す。

 開催時間は10時~17時。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ザ・リッツ・カールトン大阪1階の「ザ・ロビーラウンジ」で現在、イギリス発の高級靴ブランド「マノロ ブラニク」監修のアフタヌーンティーセットを提供している。モデルになったハイヒール「ハンギシパンプ」。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング