食べる

阪急うめだ本店でアマゾンフルーツフェア 果物7種類を使ったスムージーに注目

アサイー、ピタヤ、クプアスのスムージー

アサイー、ピタヤ、クプアスのスムージー

  • 0

  •  

 阪急うめだ本店(大阪市北区角田町)地下1階ツリーテラスで5月20日、「アマゾンフルーツフェア」が始まった。運営はフルッタフルッタ(東京都千代田区)。

アマゾンフルーツフェアの様子

 2014年9月に期間限定でオープンした「アサイーカフェ」にアマゾンフルーツとスーパーフードを融合させた同フェア。ターゲットは、トレンドに敏感な20~30代の女性や健康意識の高い50代が中心。

[広告]

 カフェでは、「アマゾンフルーツスムージー」(540円)を提供。アサイーのほか、カシューナッツの果肉部分のカシュー、メディアで注目されているピタヤ、タペレバ、マンゴー、クプアス、グアバなど7種類のアマゾンフルーツの味を楽しめる。バナナやイチゴなどのフルーツや、「モデルの間で話題になっている」というチアシードなどの10種類の素材から3種類を選択してトッピングできるスムージー(648円)もある。

 販売コーナーでは、独自に開発した「オリジナルグラノーラ」のほか、クコの実やカカオニブなど8種類の素材を好みでカスタマイズできる「マイグラノーラ」(1,501円)を1日50個同店限定で販売。「フルッタアサイーシリーズ」のドリンク各種や、アマゾンフルーツ冷凍ピューレ、アサイーのアイス、アサイーの希釈曜ビネガードリンクなどをそろえた「フルッタフルッタ スーパーフードシリーズ」も用意する。

 営業企画ユニットの関瀬里さんは「アマゾンフルーツとスーパーフードを一緒に楽しめるのは珍しい。訪れた人たちがアマゾンフルーツやスーパーフードの魅力に気付いていただけたら」と話す。

 開催時間は10時~20時(金曜・土曜は21時まで)。今月26日まで。

  • はてなブックマークに追加