JR西日本、大阪駅南広場の整備に着手-梅田新歩道橋と駅ビルつなぐデッキも

南広場東側の整備イメージ

南広場東側の整備イメージ

  •  
  •  

 JR西日本が9月29日、大阪駅南広場の整備に着手すると発表した。

南広場西側の整備イメージ

 2004年から進めてきた大阪駅改良・開発プロジェクトとして、鉄道、バス利用者の安全性と利便性、駅周辺施設との回遊性向上を目指し整備。JR大阪駅御堂筋口近くの広場東側ではバスターミナルとタクシー乗車場が混在していたが、改修後は東側にバスターミナル、桜橋口近くの広場西側にタクシー乗車場を設け分離し、歩行者の安全性も向上する。

[広告]

 現在、阪神梅田本店、阪急うめだ本店、南広場などをつないでいる梅田新歩道橋と、サウスゲートビルディング2階をつなぐ歩道橋も整備。阪急、阪神、大丸の3つの百貨店が歩道橋でつながることになる。

 工事は今月西側から着手し、来春ごろタクシー乗車場の供用を、2016年秋ごろには歩道橋の供用を開始し、東側のバスターミナルが完成する予定。

  • はてなブックマークに追加