3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

阪神百貨店で「楽天市場うまいもの大会」-川越達也シェフも来店

「王府井(ワンフーチン)」の正宗生煎包(マサムネサンチェンパオ)

「王府井(ワンフーチン)」の正宗生煎包(マサムネサンチェンパオ)

  • 0

  •  

 阪神百貨店(大阪市北区梅田1、TEL 06-6345-1201)8階催場で9月21日より、楽天市場の人気店を集めた「楽天市場うまいもの大会」が開催される。

「ジャンクガレッジ」の特製まぜそば

 普段百貨店となじみの薄いネットユーザーの新規獲得を目指す同店と、ネット通販になじみの薄い50代以上の消費者と接点を持ちたい楽天が昨年初開催した同催事。約3万5000店の中から楽天担当者が「大阪に合うもの」を選び30店を入れ替えた。催事には、各ジャンルのランキング上位店舗など全53店舗が出店する。

[広告]

 今回は、「被災地を応援しよう」と東北の店も紹介。被災直後から工場などを避難所として開放した石巻市の「愛情たらこのみなと」からは、2010年度たらこランキング1位の無着色たらこ(180グラム1,050円)が登場。仙台市「うまい牛たん東山」の牛たん弁当(1,260円)や盛岡市「あさ開十一代目源三屋」のあさ開 純米吟醸ひやおろし(720ミリリットル=1,155円)など、工場が被害に遭うなど被災した店舗が「大阪で元気をもらって帰りたい」と出店を決めたという。

 横浜中華街からは、中国料理世界大会の金賞受賞者4人が在籍する「皇朝」の世界チャンピオンの肉まん(91円)と、1日に1万個を販売する焼きショウロンポウの店「王府井(ワンフーチン)」の正宗生煎包(マサムネサンチェンパオ)(4個501円)が登場。麺類では、2年連続ラーメン部門グルメ対象を受賞した「六厘舎TOKYO」のつけ麺と、特製のしょうゆだれと極太麺に煮豚チャーシュー、エビ辛マヨネーズ、ベビースターなどをのせた「ジャンクカレッジ」の特製まぜそば(ともに901円)をイートインで提供する。

 スイーツでは、日本で初めてミルクレープを作った「エルカフェ」のレアルミルクレープ(3,465円)、2010年スイーツジャンル大賞「おいもや」の干し芋(200グラム452円)、世界パティスリー2009最優秀味覚賞を受賞した「エコール・クリオロ」が同催事のために作った「キャラメル・ショック2」(1,575円)などが登場。代官山の「TATSUYA KAWAGOE」は、21日10時からオーナーシェフの川越達也さんが来店し、同店のロールケーキ(クロマキ・シロマキ=各1,260円)や川越さんがプロデュースする新商品を紹介する予定(予告なく変更する場合あり)。

 「蒲屋忠兵衛商店」の割れチョコミックス(1.2キロ=3,129円)や、「天使のおくりもの」のふぞろいチーズケーキ(500グラム=1,111円、21日~23日のみ)などの商品も。

 開催時間は10時~20時(最終日は16時まで)。今月27日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home