天気予報

10

5

みん経トピックス

梅田でフェルトアート展梅田に健康テーマのカフェ

梅田・茶屋町に雑貨店「サンキューマート」 「アソコ」の後継で

梅田・茶屋町に雑貨店「サンキューマート」 「アソコ」の後継で

「来るたび新鮮に感じるはず」とマネジャーの東野久美子さん

写真を拡大 地図を拡大

 梅田の商業施設「NU茶屋町」に2月20日、390円均一の雑貨店「サンキューマート」がオープンする。

eimiさんのイラスト入りスマホカバー

 小物やパーティーグッズに比重を置いた品ぞろえで女子中・高・大学生の支持が高い同店。心斎橋の1号店に始まり、今回が29号店となる。

 新店「梅田NU茶屋町店」は、1月31日に閉店した「アソコ」の後継テナントとして地下1 階に出店する。店舗面積は約118平方メートル。子連れ主婦の来店も想定し、既存店より通路幅を広げて買い回りしやすくした。

 商品は5000~6000種類を扱う。売れ筋は、人気クリエーターと共同開発したスマートフォンカバーなど。同社マネジャーの東野久美子さんによると「『majocco』『STUDY』『eimi』のポーチもすぐ品薄になる。サンキューマート各店を探し回ったというお客さまもいる」という。

 色数豊富なTシャツ、帽子、ウィッグ、スカートは、音楽ライブで友人同士が格好をそろえる場合などに好評。廉価で手に入る「ザ・シンプソンズ」などのアメコミグッズや、同社オリジナルの「時すでにお寿司。」商品も話題となっている。

 東野さんは「商品は入れ替わりが激しく、中には売り切ったら入荷しないものも。来店する度に新鮮さを感じてもらえるのでは」と話す。

 想定日商は60万~80万円。商品は全て税抜き390円。

 営業時間は11時~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

グランフロント大阪12階のLIXILギャラリーで12月9日、「南極建築 1957-2016 展」が始まった。南極に連れて行ったネコの「タケシ」。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング