買う

チャスカ茶屋町に「MARUZEN &ジュンク堂書店」-国内最大の書店に

チャスカ茶屋町地下1階~7階にオープンした「MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店」

チャスカ茶屋町地下1階~7階にオープンした「MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店」

  •  

 丸善書店(東京都新宿区)とジュンク堂書店(兵庫県神戸市)は12月22日、国内最大の書店となる「MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店」(大阪市北区茶屋町、TEL 06-6292-7383)を複合ビル「チャスカ茶屋町」内にオープンした。

海外マガジンから専門書まで洋書を豊富にそろえた

 同店は、両書店のコラボレーション店舗として渋谷店、広島店に続く3店舗目としてオープン。同ビルの地下1階~地上7階を使った国内最大となる約2,060坪(約6,800平方メートル)の売り場に、約200万冊の蔵書をそろえた。

[広告]

 フロア構成は、地下1階=コミック、1階=雑誌、新刊や話題書、2階=文庫や文芸、文具、3階=地図・旅行と実用書、4階=PC関連、ビジネス書、5階=芸術、人文、6階=洋書、医学など、7階=児童書、参考書で展開。2階には、万年筆や革小物、文具、画材などを扱う「ナガサワ文具センター」(神戸市中央区)が大阪で初めて出店した。

 オープン前日の内覧会に出席した丸善書店の工藤恭孝社長は、「電子書籍に押されてきており、本屋が無い地域が出てきている。電子書籍に対抗して無理をしてでも大きくしたので、ない本がない、電子より楽しいとおっしゃっていただけるようにしたい」とあいさつ。ジュンク堂書店の岡光孝社長は「34年前に神戸で店作りを初めて、もう一度初心に戻り関西の元気を応援したいと思った。丸善さんは洋書が得意で専門2万冊、一般5万冊の洋書をそろえることができたので、本探しの楽しみももってもらえたら。各分野に精通した書店員もそろえた」と話す。同ビルを設計した建築家の安藤忠雄さんも「文字・活字推進機構の委員長もしているので、この本屋の応援団になりたい。大阪を元気にしていただきたい」と応援メッセージを送った。

 グランドオープンを記念して今月26日まで、3,000円以上の購入ごとに神戸の洋菓子店「ボックサン」のチーズケーキを進呈する(各日先着3,000人)。

 営業時間は10時~22時(今月31日は20時まで)。1月1日休み。