世界最大級、高さ27メートルのツリー点灯-ゲストに朝原宣治選手

クリスマスツリー前特設ステージでの点灯式の様子

クリスマスツリー前特設ステージでの点灯式の様子

  • 0

  •  

 新梅田シティ(大阪市北区大淀中1、TEL06-6440-3899)ワンダースクエアで11月16日、今年で6回目となる「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2007」が始まった。

 「ドイツ・クリスマスマーケット大阪」は、クリスマスプレゼントを購入するための市場など、クリスマスシーズンのドイツの街を再現したもの。ドイツから運ばれた24の木製のヒュッテ(小屋)で、ドイツの伝統工芸品やクリスマスオーナメント、装飾品などをドイツ人が販売する。そのほか、スパイスを効かせて温めた「グリューワイン」(800円)や焼きソーセージ(500円)なども提供。

[広告]

 16日17時からは、高さ27メートルの世界最大級のクリスマスツリー点灯式が行われ、ゲストには今年大阪で開催された「世界陸上」で活躍した朝原宣治選手が登場した。朝原選手がスイッチを押すとツリーが一斉に点灯、会場からは歓声と拍手が湧き起こった。

 ツリーは、新梅田シティ竣工の1993年から毎年実施され、今年で15年目を迎える。高さ約27メートルのツリーは毎年異なるテーマで作られ、今年のテーマは「Sweets Land」。「グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』に出てくる『お菓子のおうち、ヘクセンハウス』を現代風にかわいらしく表現した」(広報担当者)もので、10月20日ごろから約1カ月かけて製作した。空中庭園展望台や「中自然の森」など、新梅田シティ全体が、音楽に連動して光るLEDを含む約10万球の電飾で包まれた。

 会場には、115年の歴史を持つ、世界で4台しかない木製のメリーゴーラウンドがドイツから運ばれたほか、週末にはドイツのサンタクロース「ニコラウス」の登場や、特設ステージでの「クリスマススーパーライブ」など、さまざまなアトラクションも用意されている。

 開催時間は、月曜~木曜=12時~21時、金曜~日曜=12時~22時。ツリーの点灯は11月16日~12月21日=17時~23時、12月22日~25日=17時~翌0時30分。12月25日まで。

梅田スカイビル

  • はてなブックマークに追加